灯心堂漢方薬局

歯ぎしりの漢方薬3選~抑肝散、抑肝散加陳皮半夏、抑肝散加芍薬黄連~

歯ぎしり

 

歯ぎしりが気になることはありませんか?

 

歯ぎしりはなかなか自覚することが難しく、人から指摘され、はじめて気が付くことが多いと思います。

 

歯ぎしりはブラキシズムともいいます。

 

歯ぎしりの原因ははっきりわかっていませんが、浅い睡眠時に筋肉に力が入っているといわれています。

 

 

 

漢方の目線で歯ぎしりについて考えたいと思います。

 

肝と筋肉の関係

 

肝は漢方において、気血のめぐりをコントロールしている臓腑です。

 

肝がきちんと働くことで、気血が身体の末端まで届き、筋肉を細かく動かすことができます。

 

反対に肝の働きが悪いと、気血が身体の末端まで届かず、筋肉を細かく動かすことができなくなります。

 

 

こむら返りにつかう漢方薬に芍薬甘草湯があります。

 

こむら返りは筋肉のコントロールができず、筋肉が引きつり、痛みを生じます。

 

そういった筋肉の引きつりに芍薬甘草湯はつかいます。

 

芍薬甘草湯の芍薬は平肝の生薬で、肝を鎮めることで過度な筋肉の収縮を抑え、こむら返りに効果を発揮します。

 

こむら返りと芍薬甘草湯をみても、肝と筋肉の関係がわかります。

 

 

まぶたの筋肉がピクピクと痙攣した経験はありませんか?

 

ピクピクと筋肉が痙攣することは、肝の気のめぐりが悪く、筋肉の細かい動きをコントロールができていない状態です。

 

そういったピクピクするときも肝を鎮める漢方薬をつかうことがあります。

 

 

歯ぎしりを考えてみましょう。

 

歯ぎしりは睡眠が浅いときに、筋肉の動きをコントロールできず、無意識に筋肉に力が入っている状態です。

 

筋肉の細かい動きをコントロールできていないため、歯ぎしりが生じています。

 

こむら返り、ピクピクする痙攣と同じような現象が起こっていると考えられます。

 

歯ぎしりを抑えるため、筋肉の動きをコントロールしてあげるには、肝の働きを整える必要があります。

 

 

歯ぎしりにつかう漢方薬は?

歯ぎしりの適応のある漢方薬に抑肝散、抑肝散加陳皮半夏、抑肝散加芍薬黄連があります。

 

 

抑肝散

抑肝散は「肝」を「抑」える漢方薬です。

 

まさに肝を整える漢方薬です。

 

肝が高ぶることで、イライラ、不眠にもつながるため、抑肝散はそういった症状にもつかわれます。

 

抑肝散には釣藤鈎(ちょうとうこう)・柴胡(さいこ)の気のめぐりを改善する生薬が入り、高ぶった気を鎮めてくれます。

 

抑肝散は肝を鎮めることで、歯ぎしりを緩和する漢方薬です。

 

 

抑肝散加陳皮半夏

抑肝散加陳皮半夏は抑肝散に陳皮・半夏が加わったものです。

 

陳皮・半夏は簡単にいえば、胃薬のようなものです。

 

消化吸収が悪いことで溜まる水分を陳皮・半夏が追い出してくれます。

 

胃腸が少し弱い方は、抑肝散よりも抑肝散加陳皮半夏の方が適しています。

 

 

抑肝散加芍薬黄連

抑肝散加芍薬黄連は抑肝散に芍薬・黄連が加わったものです。

 

芍薬・黄連が加わることで、相乗効果で神経の高ぶりを抑えてくれます。

 

抑肝散にもイライラを抑える働きはありますが、さらにイライラ感が強い場合は抑肝散加芍薬黄連が適しています。

(通販)抑肝散料(よくかんさん)【薬局製剤】神経の高ぶり 怒りやすい 更年期 不眠症 歯ぎしり 煎じ薬

通常価格

560~

(税込)
販売ページをみる Yahoo!ショッピングでみる

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

抑肝散料  抑肝散料は、「保嬰撮要」を原典とする、体力中等度で神経がたかぶる人の、神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症に用にいられる漢方薬です。   効能・効果 体力中等度をめやすとして、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症(神経過敏)、歯ぎしり、更年…

(通販)抑肝散料加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)【薬局製剤】神経の高ぶり 怒りやすい 不眠 煎じ薬

通常価格

520~

(税込)
販売ページをみる Yahoo!ショッピングでみる

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

抑肝散料加陳皮半夏  抑肝散料加陳皮半夏は、「本朝経験方」を原典とする、体力中等度で神経がたかぶる人の、神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症に用いられる漢方薬です。   効能・効果 体力中等度をめやすとして、やや消化器が弱く、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜泣き…

(通販)抑肝散料加芍薬黄連(よくかんさんかしゃくやくおうれん)【薬局製剤】神経の高ぶり 不眠症 煎じ薬

通常価格

560~

(税込)
販売ページをみる Yahoo!ショッピングでみる

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

抑肝散料加芍薬黄連  抑肝散料加芍薬黄連は、「本朝経験方」を原典とする、体力中等度以上をめやすとして、神経のたかぶりが強く、怒りやすい、イライラなどがある人の、神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症(神経過敏)、歯ぎしり、更年期障害、血の道症に用いられる漢方薬です。   効能・効果 体力中等度以上をめやすとして、神…

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集

〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2-6-14-202池上第二ビル

06-6192-3020

営業時間 / 月・水・木・金 10-19時 土10-14時
定休日 / 火曜日 日曜日