灯心堂漢方薬局

夜間尿の漢方薬1選~夜中のトイレで睡眠できていますか?トイレが近くないですか?

夜間尿

 
夜に尿を出すために1回以上起きる状態を夜間頻尿といいます。
 
年齢を重ねるごとに頻度は増えていきます。
 
夜間の尿は睡眠の邪魔され、眠りが悪くなったり、トイレに行く途中でふらついて転倒のリスクもあります。
 
 
ここでは夜間尿につかう漢方薬について説明します。
 
 

夜間尿と腎

 
夜間尿を考えるうえで重要になるのが腎の働きです。
 
西洋医学では「腎臓」といい、漢方では「腎」といいます(臓という言葉があるかないかの違いです)。
 
 
西洋医学での腎臓は体液をろ過し、尿を排出します。
 
尿をためておくところが膀胱です。
 
西洋薬の頻尿薬は膀胱に働きかけることで、尿を蓄えやすくし、頻尿・夜間尿を抑えます。
 
 
漢方では腎が水の流れをつかさどっています。
 
腎が水の流れをコントロールし、腎の働きが悪くなることで、頻尿・夜間尿になります。
 
腎は加齢によって衰えやすい臓腑であり、加齢とともに頻尿になるのは漢方で見てもつながっています。
 
頻尿・夜間尿になるのは、腎の働きが悪いためです。
 
漢方では補腎薬という、腎に働く漢方薬をつかう必要があります。
 
 

夜間尿の漢方薬は?

 
夜間尿の漢方薬に八味地黄丸があります。
 
 

八味地黄丸

八味地黄丸(はちみじおうがん)は夜間尿、頻尿につかう代表的な漢方薬です。
 
八味地黄丸に含まれる地黄・山茱萸・山薬・茯苓・沢瀉・牡丹皮という生薬は六味丸の組み合わせで知られ、補腎薬として使われます。
 
地黄・山茱萸・山薬・茯苓・沢瀉・牡丹皮が腎を補うことで、腎の働きを整え、水のバランス、尿の回数を整えます。
 
八味地黄丸には桂皮・附子という生薬も入っています。
 
桂皮・附子は腎陽を補う生薬であり、簡単にいえば腎を温め、腎の働きを活発にする生薬です。
 
桂皮・附子が腎陽を補い、水のめぐりを助けます。
 
八味地黄丸は腎を補い、温めることで残尿感、夜間尿、軽い尿漏れにも効果を発揮します。

 

 

 

日常生活でできること

夜間尿の対策として日常生活でできることは、水分の量です。

 

ご自身で気づかないうちに水分をとっていることがあります。

 

お味噌汁などの汁物、フルーツ、飲酒の多量の摂取には気をつけてください。

 

 

お酒にも注意が必要です。

 

お酒には利尿作用があります。

 

お酒にはアルコールが含まれ、身体がアルコールを追い出そうとし、尿量が増えます。

 

尿量が増えると身体は水分が不足し、脱水になり、のどが渇くようになります。

 

お酒によって利尿し、さらに余計に水分を欲するようになるため、飲酒は注意が必要です。

 

 

さらにお酒は睡眠にもよくありません。

 

お酒を飲むと眠たくなる経験はあると思います。

 

お酒は入眠の効果があり、寝つきが良くなります。

 

しかしお酒は熟睡を邪魔し、睡眠を浅くする働きがあります。

 

お酒によって眠くなっても、実際は熟睡できていない方が多いです。

 

 

夜間尿、睡眠の質を考えたら、お酒はおすすめできません。

 

 

(通販)八味地黄丸料(はちみじおうがん)【薬局製剤】頻尿 夜間尿 下肢痛 腰痛 しびれ 手足の冷え 煎じ薬

通常価格

500~

(税込)
販売ページをみる Yahoo!ショッピングでみる

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

八味地黄丸料  八味地黄丸料は、「金匱要略」を原典とする、下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみに用いられる漢方薬です。   効能・効果 体力中等度以下で、疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少又は多尿でときに口渇があるものの次の諸症:下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、かゆみ、排…

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集

〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2-6-14-202池上第二ビル

06-6192-3020

営業時間 / 月・水・木・金 10-19時 土10-14時
定休日 / 火曜日 日曜日