灯心堂漢方薬局

つかれ目、かすみ目の漢方薬~つかれ目には杞菊地黄丸、かゆみ目には腎気丸類~

つかれ目、かすみ目

 

仕事でパソコンを長時間みたり、スマホをよく操作したり、加齢によって目がつかれやすくなったと感じたことはありませんか?

 

つかれ目の詳しいメカニズムについてはこちらのサイトがわかりやすいので、ご参考にしてください→

 

ここでは漢方での目の働きについて説明したいと思います。

 

つかれ目には杞菊地黄丸、かすみ目には杞菊地黄丸、八味地黄丸、牛車腎気丸料、味麦地黄丸がつかわれます。

 

 

漢方と目

 

漢方において、目と重要な関係のある臓腑はです。

 

肝は目に開竅する」という言葉があり、肝の不調は目に影響します。

 

肝のつかれ、肝の血の不足などによって、目がつかれやすくなります。

 

 

ほかにも目とのつながりもあります。

 

目を細かくみると、目のなかでも特に瞳孔は黒く、腎とつながりがあります。

 

腎の働きによって、瞳孔が調整され、光の量、ピントを調整しています。

 

腎が衰えることで、ピントが調節しづらく、かすみ目が生じやすくなります。

 

 

つかれ目の漢方での原因は?

漢方でのつかれ目の原因として、肝のつかれ、肝の熱、腎の衰えなどが考えられます。

 

 

 

つかれ目の漢方薬は?

つかれ目の漢方薬に杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)があります。

 

杞菊地黄丸の効能効果に「体力中等度以下で、疲れやすく胃腸障害がなく、尿量減少又は多尿で、ときに手足のほてりや口渇があるものの次の諸症:かすみ目、つかれ目、のぼせ、頭重、めまい、排尿困難、頻尿、むくみ、視力低下」と記載され、かすみ目、つかれ目に効能効果があります。

 

杞菊地黄丸六味丸枸杞子菊花が加わった漢方薬です。

杞菊地黄丸=六味丸+枸杞子・菊花

 

杞菊地黄丸の「枸」は枸杞子、「菊」は菊花の意味です。

 

 

枸杞子(くこし)はクコの実のこと。

 

枸杞子は肝腎を養ってくれる生薬です。

 

目の不調は、肝腎の不調とつながりがあります。

 

枸杞子はその肝腎のどちらにも働く生薬のため、つかれ目に対して最適な生薬です。

 

 

菊花はキクの花のこと。

 

菊花は肝にたまった熱を発散する生薬です。

 

目は肝と強い関連があり、肝の疲れによって、肝に熱がこもりやすくなります(肝火)。

 

肝の熱によって、つかれ目となり、菊花は熱を発散してくれます。

 

 

杞菊地黄丸の地黄・山茱萸・山薬・茯苓・沢瀉・牡丹皮は六味丸の組み合わせで知られます。

 

六味丸は補腎薬の代表的な漢方薬です。

 

目の症状は腎ともつながりが強く、六味丸で腎を整え、目の働きも調整します。

 

 

杞菊地黄丸は枸杞子で肝腎を補い、菊花が熱を発散し、六味丸の組み合わせで補腎することで、つかれ目、かすみ目に適しています。

 

 

かすみ目の漢方での原因は?

かすみ目の漢方での原因は腎のつかれが考えられます。漢方において、腎は目の瞳孔とつながりが強く、腎のつかれによって、瞳孔のピント調整がしづらくなっています。

 

 

かすみ目の漢方薬は?

かすみ目の漢方薬に杞菊地黄丸、八味地黄丸、牛車腎気丸料、味麦地黄丸があります。

 

杞菊地黄丸、八味地黄丸、牛車腎気丸、味麦地黄丸もすべて、六味丸の加減方です。

 

六味丸は補腎薬の代表的な漢方薬です。

 

腎は目の瞳孔と関連があります。

 

腎をおぎなうことで、目の働きを調整することにつながります。

 

六味丸に桂皮・附子の温める生薬が加わったものが八味地黄丸です。

 

八味地黄丸はよく頻尿などでつかわれますが、補腎薬という意味合いではかすみ目にもつかうことができます。

 

 

 

 

 

 

 

(通販)杞菊地黄丸料(こぎくじおうがん)【薬局製剤】かすみ目、つかれ目、排尿困難、頻尿、むくみ 煎じ薬 漢方

通常価格

520~

(税込)
販売ページをみる Yahoo!ショッピングでみる

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

杞菊地黄丸料  杞菊地黄丸料は、「医級」を原典とする、体力中等度以下で、疲れやすく胃腸障害がなく、尿量減少又は多尿で、ときに手足のほてりや口渇がある人の、かすみ目、つかれ目、のぼせ、頭重、めまい、排尿困難、頻尿、むくみ、視力低下に用いられる漢方薬です。   効能・効果 体力中等度以下で、疲れやすく胃腸障害がなく、…

(通販)八味地黄丸料(はちみじおうがん)【薬局製剤】頻尿 夜間尿 下肢痛 腰痛 しびれ 手足の冷え 煎じ薬

通常価格

500~

(税込)
販売ページをみる Yahoo!ショッピングでみる

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

八味地黄丸料  八味地黄丸料は、「金匱要略」を原典とする、下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみに用いられる漢方薬です。   効能・効果 体力中等度以下で、疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少又は多尿でときに口渇があるものの次の諸症:下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、かゆみ、排…

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集

〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2-6-14-202池上第二ビル

06-6192-3020

営業時間 / 月・水・木・金 10-19時 土10-14時
定休日 / 火曜日 日曜日